« 【大阪市西淀川区】マンション売却時に不動産会社を選ぶ4つのポイント。 | トップページ | 大阪市生野区でマンションを高く売るためのポイント »

2019年3月14日 (木)

大阪市東淀川区のマンション売却が得意な不動産会社を選ぶ方法

大阪市東淀川区 マンション売却

売却を得意とする不動産会社を選ぶための基礎知識を理解していますか?

大阪市東淀川区でマンション売却で1番大切なことは「不動産会社選び」です。 できるだけ早く、高値で不動産を売るためには、大阪市東淀川区にて優秀な不動産会社を選ぶことが大事です。 反対に言うと、大阪市東淀川区の不動産会社選びをしくじってしまうと、大切な時間やお金が減ってしまうことになります。 優秀な不動産会社を選ぶためには、しっかりとした知識を学んでおくことが大事です。 それでは、不動産会社選びに役立つ基礎知識を3つほど紹介します。

基礎知識① 不動産会社ごとに長所がある

「不動産会社なんてどこも大差なく、不動産に関わる仕事は全部行ってくれるのでは」 と思っている方もいるのではないでしょうか。 実際、そのようなことはなく得意とする分野がそれぞれ違います。 例えば、 ・大阪市東淀川区の賃貸専門 ・一戸建ての売買専門 ・土地から企画開発を行う ・大阪市東淀川区の新築分譲マンションンの販売に力を入れている ・中古マンションの売買に力を入れている ・企業向けや商業施設を主にしている など、大阪市東淀川区でも不動産会社ごとに力を入れていたり、得意な分野などがあります。 大阪市東淀川区での中古マンションの売買には特に力を入れていない、といった不動産業者に依頼してしまうと売却は上手く行えません。 マンション売却を依頼するなら、中古マンションの売買に力を入れて主にしている不動産会社を選びましょう。

基礎知識② 両手仲介・片手仲介を理解しよう

不動産業界には「両手仲介」と「片手仲介」という言葉があります。 手とは体の部位の手でなくて、手数料のことをいいます。 大阪市東淀川区でもマンション売却を不動産会社に依頼し、売買が決まると不動産会社は仲介手数料をもらいます。 この手数料を受け取る方法が両手仲介と片手仲介の2つになります。 片手仲介とは、売主と買主に各々不動産会社が担当している場合の事で、売買契約が決まると売主は売主の担当している不動産会社に、 買主は買主の担当している不動産会社に、それぞれ手数料を支払います。 両手仲介とは、1つの不動産会社が売主と買主の両方を担当している場合の事で、売主から依頼がきたら物件を探している自社のお客さんに販売します。 この時、不動産会社は売主と買主両方から手数料をもらうことができます。 不動産会社にしてみると、片手仲介の倍の手数料をもらうことができますので、両手仲介を行う不動産会社が多くなってきています。 「どちらにしても、売主が会社に払う手数料の額は差がないのだから、別にどちらでも構わないのでは?」 と思いますよね。 実際、両手仲介は片手仲介より多額の手数料を払わないといけない、などといったことはありませんので、売主にしたらどちらでも良いように思えます。 ですが、両手仲介にはデメリットがあるのですが、それは囲い込みです。 囲い込みというのは、 ・他社の不動産会社が紹介したお客さんには内覧させない ・他社の不動産会社から物件に関して質問がきても「現在商談中」といって断る ・売却情報をわざと隠す、などの行動をして、自社内で売買をしようとする ことです。 不動産会社にすると、両手仲介の方が多額の手数料をもらうことができますからね。 なので、囲い込みをすることで両手仲介に繋げようとする不動産会社も大阪市東淀川区の中にはいるのです。 このような囲い込みは、売主に取ったらとても困ることです。 大阪市東淀川区の物件を売るチャンスが減ってしまうからです。 他に、囲い込みで売却までに時間がかかったうえに、相場よりも低価格での売却になってしまう可能性もあります。 大阪市東淀川区でも不動産会社の中には、両手仲介を全くしないで、 片手仲介のみをするといった不動産会社もありますので、そのような会社は信用できるといえるのではないでしょうか。

基礎知識③ 査定を頼む時は数社に頼む

大阪市東淀川区で不動産会社を選ぶ時の判断基準の1つに査定額があります。 査定をしてもらうことで、大阪市東淀川区のマンション売却価格の相場が分かる他、 相場より以上に高い、安い査定額を提示してきた、問題ある業者を選別することもできます。 査定を依頼する時は、少なくとも3社、可能ならば4~6社を目安にしてください。 複数の会社に依頼するのが煩わしいといった方は、インターネットで行える一括査定サービスがおすすめです。 不動産情報と個人情報を1度入力したら、条件に適した大阪市東淀川区エリアの不動産会社を探してくれます。 最大6社まで査定を依頼することがかのうです。 複数の不動産会社と打ち合わせをしたり、何回も同じような説明をしたりしなくても良いので、とても楽です。 このような査定や情報収集から信用できる優秀な不動産会社を探してみてください。

■一括査定サービス

後で絞り込むためにも、査定は最低でも3社、できれば4~6社は依頼しておきたいところです。 大阪市東淀川区で複数の不動産会社とのやりとりで便利なのが、インターネット上の「一括査定サービス」です。 中古車の売却と同じように、大阪市東淀川区のマンション情報や個人情報を入力することで、条件にマッチした不動産会社をピックアップしてくれます。 このようなツールや情報収集、基礎知識を持って相談していくことによって、信頼できる不動産会社を選び抜いていってくださいね。 きっと満足できる物件売却につなげることができるでしょう。

大阪市東淀川区おすすめマンション一括査定サイト

HOME4U HOME4U ⇒公式サイトへ


■大阪市東淀川区の中古マンション情報

ここでは、実際に大阪市東淀川区で販売されている中古マンションの情報を幾つか紹介ます。 ※2019年2月現在の情報ですので、価格が変動している可能性もあります。 マンション名は掲載しておりません。

所在地
大阪府大阪市東淀川区西淡路3丁目5-8
交通
  • 東海道本線 東淀川 徒歩2分
価格
1,690万円
管理費月額6,900円修繕積立金月額11,000円
間取り2LDK専有面積55.00m2(壁芯)
バルコニー面積6.31m2バルコニー向き
構造及び階数鉄骨造 11階建て 所在階 10階
築年月昭和54年7月 (築39年)

所在地
大阪府大阪市東淀川区大桐2丁目
交通
  • 大阪市営地下鉄今里筋線 だいどう豊里 徒歩6分
  • 阪急電鉄京都線 上新庄 徒歩16分
価格
2,190万円
管理費月額7,000円修繕積立金月額8,000円
間取り2SLDK専有面積66.45m2(壁芯)
バルコニー面積10.80m2バルコニー向き
構造及び階数RC(鉄筋コンクリート) 7階建て 所在階 1階
築年月平成21年5月 (築9年)

所在地
大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目
交通
  • 阪急電鉄千里線 下新庄 徒歩5分
  • 阪急電鉄千里線 淡路 徒歩15分
価格
1,780万円
管理費月額13,850円修繕積立金月額10,640円
間取り4LDK専有面積71.89m2(壁芯)
バルコニー面積17.71m2バルコニー向き
構造及び階数SRC(鉄骨鉄筋コンクリート) 14階建て 所在階 6階
築年月平成3年3月 (築27年)

  • 大阪市東淀川区のマンション 高く売る
  • 大阪市東淀川区のマンション 売りたい
  • « 【大阪市西淀川区】マンション売却時に不動産会社を選ぶ4つのポイント。 | トップページ | 大阪市生野区でマンションを高く売るためのポイント »